スポンサーサイト

2017.04.17 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    文字書きさん

    2006.06.04 Sunday 01:07
    0
      朝日の夕刊、買ってきた。
      ついでにTV LIFEのWorld Cup観戦の別冊も。
      いいじゃんいいじゃん。


      裏庭、更新。
      いやしかし、ここんとこすげーバタバタしていたので妄想と取り組めるか
      不安だったのだが(おおげさ)、とりあえず更新できてよかった。
      でも、ストックなくなった後はどうするか未定。(くどい)

      そんで、、、バトンですよ、お母さんっ!
      おいらにもついにバトンがっっ

       ◇文字書きさんに送るバトン◇

      Q1.あなたが書くジャンルはなんですか?
         妄想。
         妄想エンターテイメント。

      Q2.あなたの作品が出来るまでをちょろっと教えて?
       なんかふと一枚の絵(映像)が降りてくる。たとえば吉ビーだったらPKのとき吉澤が味方にむかって「はずせ」と念じている、という絵が浮かんで、なんで吉澤はそんなこと思うのか?と考えているうちに、だいたいの骨組みはできあがりました。
      あとは、、、、A4の紙とポストイットとか使って出来事とかセリフとか思いつきを忘れないように整理してく。
      んで、更新一回分をざっと書く。それはだいたい週末に閉じこもって。コーヒーと食べ物を買い込んで。書いてるときは音楽をかけている。吉ビーではオススメとしてヨコに貼ってあるものをかけていた。
      が、それがイギリスで「放送されすぎ」で放送禁止とか。ワラタ。
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060530-00000077-jij-ent

      んで、一回書いてみて、書きにくかったとこや、無理があるなというところを抱えながら一週間、フツーに働くフリをする。頭の中で、直すべきとこについて考える。(小説の素晴らしいところは、電車でも会議中でも頭のなかだけで作業がいつでもどこでもできるところだと思う。)
      すると、よいセリフや、新しい方向性が浮かんだりするのでメモする。このメモはうっかりどこかに忘れないように注意する(笑)。
      んで、修正する。修正しながら、次回更新分をざっと書く。その繰り返し。
      会社では働くフリをしながらネットで骨折や入院や富士山について調べる。


      Q3以降はまた今度!

      (そんなにひっぱるなんて、、、)




      category:バトン | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

      文字書きさん2

      2006.06.06 Tuesday 06:43
      0
        へんな時間に目が覚めてしまった。
        リンク先ブログさんの
        「吉澤って、表面があって、間をすっとばして奥が深いんだろうな」に、同意。
        「空洞」も同意。
        水槽のイメージかな自分的には。
        ハロメンとの関係で言うと、ほとんどのメンバーは表面でバシャバシャしていて、藤本は空洞のとこを回遊してて、石川は一応、奥の混沌空間(泥とかマグマとか地殻なイメージ)まで降りたことがある、と。(でも今は降りられないかもしれない)。んで、本人は全部無自覚だから、いつ、その空洞や穴が土砂崩れで埋まってしまうかわからない、水槽だってガラスだよ、という感じもあったりする。

        自分のに取り組んでるときは娘。小説が読めなくなるのだが、悪魔と・・・の更新が来たとあっては読まないわけには。
        ど真ん中で好きっていうんじゃないけど、あると必ず頼んでしまう少し珍しいメニューみたいな。
        あの、かみあわなさでかみあっているみきよしと、書いてる人の「見えてる感じ」が気持ちいい。
        そうそう、そこが自分的には大事だったりします。つまり、バトンの続き・・・

        Q3.文章を書くときに気をつけている事はなんですか?

        見えたことだけを書く。想像を試みて、見えなかったことは書かない。
        たとえば吉ビーでは(それしか例にだせねーww)主要登場人物の住んでいる場所とかは見えた(あくまで妄想的に)けれど、五期メンバーのそれは見えなかったので書かなかった。(実際の情報の有無とは全く別のこと)

        完全に見えなくても、だいたい、こーゆーことかな、と書くことはできたと思うんですよね。
        書いたほうがいいかなぁと思ったシーンとかディテールはいくつかあったんだけど、「見えなかった」ものは全部やめた。でもそれでよかったよーに思ってます。なんか、誠実?(自分でゆーか)
        妄想的に嘘はないぜ、と。
        心構え的なことはそんな感じです。
        書き方的なことで言うと、身体感覚。登場人物の皮膚感覚みたいのがわかるよーな書き方をしたいなぁと。
        主に息苦しさとかが得意みたいなんですけど(苦笑)

        category:バトン | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

        うたばん、じぇいそん

        2006.06.17 Saturday 09:16
        0
          「一旦離れて」って何回か聞いた言葉だな、一旦ってことは戻ってくる可能性があるような種類のことが「やりたいこと」なのだろうか紺野さんの?でも、UFGは彼女を手放すと決断したわけだからゲーノージンとして戻るわけじゃないだろうからそんな職業って何?マジでアナウンサー?エェェェエエーー?とか、麻琴が言うと「英語の国」が「おとぎの国」のように聞こえるなぁとか、2001年のよっすぃ及び娘。がチラッと見れてうれしかったとか、うたばんについて昨日書ききれなかったことを書こーと思って帰ってきたらバトンですよ、ぐわっ。
          またしてもPCの前で声でました。見なかったことにしよう、と思う一方で、んー、趣味ぃ?なに書くぅ?と自分に断りもなく考え始めている自分がいて、なんて受動的かつ反射的かつ無自覚な俺。

          というわけでロテさんから回ってきました「じぇいそんばとん」なるものに答えてみたり。

          1.まずは次に回す5人

            友達がいません

          2.お名前は?

           pt-boilとか
           pとか
            

          3.おいくつですか?

            意識としては18から68を右往左往しています

          4.ご職業は?

            認識としてはサービス業
            

          5.ご趣味は?

            最近は料理。野菜を蒸すことにはまっています。
            基本は読書。おととい読了したのは町田康「告白」。
            ディスコミュニケーションをめぐるせつない話だった。んで、描写がすごい。

          6.好きな異性のタイプは?

            「なんで?」と思った時、「なんで?」と言える人。ネガでもポジでもなくニュートラルに。

          7.特技は?

            んー、なんだろ。人によく道をきかれることかな。
            道で思い出したけど、自分の前を歩く人が次のカドで曲がる、とわかるときがある。


          8.なにか資格もってます?
            
            普免と二輪免許
            福祉住環境コーディネーター2級
            (これは資格じゃなくて検定か)

          9.何か悩みとかある?

            あるある。

          10.好きな食べ物 嫌いな食べ物をどーぞ

            好き:固いもの・焦げたもの・れんこんのはさみ揚げ・果物・コーヒー(こんな和食コースあったらイヤですね)
            嫌い:特になし


          11.あなたの愛するあの人へどうぞ!!

            健康第一

          12.指名した5人の他者紹介をどうぞ!!

            orz







          category:バトン | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

          無名さん

          2006.07.15 Saturday 12:27
          0
            前回貼った動画、今やってるワンダコンのDVDマガジンかと思っていたのだがこれって去年のだよね、自分見てなくて。勇んで反応したことが恥ずかしい。恥ずかしさをごまかすために、バトンで空気をとりつくろいたい土曜日の朝。しかし、ほへと占いには「取りつくろうも逆効果」と
            はっきり書いてある。あうー。

            無名バトン(fromロテさん)

            ●まずは回してくれた管理人さんに挨拶!!礼儀だぜぃ!!

            まったく身のおきどころもない暑さですが、ご多忙のことと存じます。
            (「直子の代筆」より時候の挨拶コピペ)

            こんにちは。えと、ほぼ毎日立ち寄らせてもらってます。
            北の大地のデカい写真、笑いました。デカさに。
            ロテさんの、4車線道路の向こう側にあるゴミ箱に空き缶をズバリ投げ入れるみたいな
            文章、好きです。吉絡み小説企画にはいつか参加したいなぁと思ったり。


            ●森のなかで友好的な熊さんに逢ったあなた

            アメリカの真ん中らへんの自然公園で木こりとして働いていたときに(一部ウソあり)、
            生子熊に遭遇したことがあります。たぶん友好的だったんだと思うし、大きさも、丸めた掛け布団ぐらいだったのだが、やはり、ちょっと、目つきなどがアレな感じがして、とっとと逃げました。色が怖かった。
            こげ茶なんだよね。ぬいぐるみじゃねーぞコレって色。ケモノって感じ。

            ●くじ引きで選んだくじをそれでいいのかな?と言われた

            選べない。何も選ばずに帰る。

            ●朝起きたら全裸でした

            芋虫になっているよりいい。

            ●角に足の小指をぶつけたところを見られて鼻で笑われた

            顔全体で笑って欲しい。

            ●ある日道端で知らない人に「あなたの携帯と僕の携帯を交換しませんか」といわれた

            私のイメージではこれは新宿駅南口の、タワレコとか入ってるビルの前。
            夜7時18分。暗くなりきる前、出かける人と帰る人の吐く息が入り乱れる。
            蒸し暑い。のっぺりした顔の大学生風の男が俺に話しかける。
            少し迷って、仕事用のケータイを渡す。そして駅へ。だが、自分がどこに行こうとしていたのか
            わからないことに気づく。考えても思い出せない。降りたことのないホームへ降りる。
            取り替えた携帯が鳴る。品のない着メロだ。出る。相手は一方的に話している。切る。
            待ち受け画面は、山の写真。メモリーを見る。消そう。そうだ、消そう。今、すぐに。
            削除。はい。削除。はい。リズミカルに、片付けていく。それが俺の仕事なんだ。なぜかそう確信できる。俺のタスク。俺の義務と権利と欲望と希望。
            最後の一個だ。手がとまる。かけてみよう。
            もし誰かが出たら、留守電じゃなかったら、俺は
            なんつて。

            ●トイレにいったらあなたの好きなキャラが気張っているところだった

            カギしめようよ、トーマス!

            ●バトンはノンストップ!!これを止めたら回してくれた人に失礼だぞ!!そこで大好きな10人をチョイスだ!!

            すんまへんすんまへん好きな人はたくさんいるのですが、失礼なこってえらいすんまへん。

            あ、きょう、ミュージックフェアだ!
            また更新するかもしれないです。

            category:バトン | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

            バトン御礼

            2007.02.26 Monday 23:58
            0
              tomiko_yさんSSKBさん早速バトンに応えていただきありがとうございます!
              恐縮です。
              なんだかおふたりとも高円寺って地名が出てきて、おもしろかったです。
              高円寺は「だちびん」っていう沖縄料理屋があってなんだかにぎやかで楽しかったっけ。
              tomiko_yさんのおすすめ漫画が最寄の書店になかったので明日もちょっと大きな店に
              いくつもり。そしてSSKBさんの漫画ラインナップやばすぎです。
              まさか小林じんこがくるとは。あげていらっしゃったもの全部俺も好きです。
              ご挨拶がまだでした。はじめまして。
              吉ヲタと吉推しと吉好きの違いがとても知りたいpです。よろしくお願いします。
              (ええとSSKBさんのとこがどこかわからないよーという方はあんましいないと思いますが、直リンしていいかどうかわからないのでヒントは「ノベルモニ。」です)

              妄想と想像とリアルの区別がつかんっていうの実はちょっとわかるような気がするのですが私はそれをじっくり考えるのがなんとなくこわくて考えないよーにしてます。
              靴下の画像はいつか気が向いたらうpして欲しいなと思いました。

              取り急ぎ御礼まで。
              って手紙かよと。
              あ、あと「SSKB」という字面を見て私が最初に連想した単語は「笹かまぼこ」です。
              もし「SSSKB」なら「素晴らしい笹かまぼこ」。

              ろてさんのところの小説これから読むじょ。






              category:バトン | by:pt-boilcomments(2)trackbacks(0) | -

              選択バトンと小室

              2007.03.04 Sunday 22:59
              0
                ぐわー、ハロモニ。見てねぇぇええっ!
                でもバトンが書きたいから書く。roteさんからいただきました。
                あ、先に言っておくとこのバトンはなんとなくここでとめちゃいます!


                これは選択バトンです
                これだと思うハロプロを選択してください。被りは厳禁です。理由も書いてください。5人にまわすのも忘れずに。

                1、心の通じ合った恋人にするなら?

                よしざー。イチャイチャしたいから。単純単純単純じゃん。


                2、カラダだけの愛人にするなら?

                小春。
                うわっどーなのこれ。や、ちがくてちがくて。
                横浜アリーナで見とれちゃったんだよ、身体の美しさに。(全然ちがくねーじゃんw)
                今の小春の身体のラインは完璧じゃないかと。写真とか撮っておくべきと思う。
                や、変な意味じゃなくて。変な意味でもいいんだけど。てか、変な写真のことなのか?
                いやいやいやいやいや、ただ本当に単純に美しいだろうと思っただけで、その小春にどうこうとかあんなことやこんなことなんてもちろん全然ああもう見苦しい俺。
                こいさんの新作を読んだせいもあります。
                あの吉絡み企画の「最悪な日」の続編的な新作にすっかりやられました。
                小春に落ちていく吉澤に落ちていく俺。この2重構造が心地よいめまいを誘うんだよぉ。
                (ヒトのせいにすなと。でもこいさんのよしこは、すごく好きです)


                3、なんでもはなせる親友にするなら?

                村田さん。天才だから。個人的な悩みから宇宙の神秘までいろいろなことを相談したい。


                4、毎日あそべる友達にするなら?

                松浦。意外と大人だから。
                女同士って設定で、たとえば俺がスタイリストアシスタントで仕事仲間数人と深夜2時、
                西麻布のビストロで、松浦を呼び出すところ。
                「ねーねー、亜弥ちゃん、リゾット頼みすぎちゃったんだけど今から来ない?」
                「あのねー、pさん、あたし一応アイドルですから、夜中に炭水化物はちょっとねぇ」
                「えー、すっごいおいしいのにー。じゃあ見るだけ見るだけ、ちょっと来なよ」
                「見てどーしろって言うんですかあたしにっ」

                みたいな感じで仲良く遊ぶ。(オチなくてすんません)


                5、大好きな妹にするなら?

                ここで保田圭投入ですよ。吉澤と付き合う俺を妹として心配したりなんだりするわけですよ。
                逆か。
                俺と付き合ってる吉澤を心配して、あれやこれやと俺に話しかける保田。

                「こないだよしこから聞いたけど、あれ、やっぱお兄ちゃんが悪いんじゃないの?」
                「な、なんだよ、なんのことだよ?」
                「や、あれは女の子なら絶対傷つくって、ああいうタイミングでその言い方は」
                「だ、だ、だから、何のことだよ?グアムの時のことかよ?」
                「・・・・ふーん、やっぱあれよしこと旅行だったんだ」
                「ちょ、おまっ」

                みたいな。
                どうよこの白子ポン酢。(意味不明)


                俺は、恋愛には終わりがあると思ってる。友情には終わりはないと思ってる。
                男女差っつーことでアレだけど俺はやっぱ、1がよしざーだな。
                何いばってんだ、と。
                あーでもマジな話、今、この地球のどこかでよしざーの夫になる人間がメシ食ったり屁こいたりしてるわけだよ。あぁ、この行き場のない気持ちよ、どこかへ行け。

                あ、あと「女性自身」で吉澤が初めて買ったCDとしてあげてた曲「Don't wanna cry」を改めて聴きたくなって安室の「181920」ってアルバムを聴いた。そんで、ヤバいことに気がついた。俺、小室の曲、けっこう好きだ、特に詩が、と。

                category:バトン | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

                映画バトン

                2007.03.31 Saturday 00:40
                0
                  やべーよ、どこにも売ってねーよDVDBOX!
                  店頭購入派には厳しいぜ誤植っ!あああああっやっぱ予約しておくべきだったorz

                  全くヲタ臭くないハワイ写真を裏庭にあげてみました。まるでフツーに旅行したみたいだw


                  おーうぇん11さんから、映画バトン!

                  1.生まれて初めて劇場で見た映画は?
                  なんちゃらまんが祭

                  2.一番最近劇場で見た映画は?
                  「マイリトルサンシャイン」よかったです。

                  3.最近DVD(ビデオ)で見た映画は?
                  「マイライフアズアドッグ」かな。

                  4.好きな白黒映画は?
                  「エド・ウッド」笑って泣いた。
                  「素晴らしき哉、人生!」これも号泣。わかってても。古き良きアメリカやねぇ。

                  5.好きなアクション映画は?
                  「レザボアドッグス」
                  「下妻物語」アクション映画として。

                  6.好きなロマンティック映画は?
                  あんまし観ないんだよねーロマンティック

                  7.好きなアニメ映画は?
                  「時をかける少女」あたらしめで。
                  「霧につつまれたはりねずみ」古典で。

                  8.好きなミュージカルは?
                  あんまし観ないやぁ。

                  9.旅をしたくなる映画は?
                  おーうぇんさんの挙げてるの俺も好きだー。
                  「トゥルーロマンス」は俺的にはここかも。
                  他にはマイナーだけど
                  「アリゾナ・ドリーム」

                  10.見るとお腹がすく映画は?
                  確かにジブリってお腹すきますよね。
                  「この森で、天使はバスを降りた」

                  11.何度見ても泣く映画は?
                  「フィッシャーキング」かなり好き。
                  「トゥルーマンショー」えーん。
                  「ザ・フライ」これは恋愛映画。ラスト泣く。
                  「ライフ・イズ・ビューティフル」やっぱ泣くよー。

                  12.途中で止めた映画は?
                  いろいろあったが忘れた。

                  13.元気が出る映画は?
                  植木等さんのもの。あぁ。

                  14.何回でも見れる映画は?
                  「フィッシャーキング」主要登場人物3人ともおまおれ状態。
                  「ガタカ」

                  15.絶対に薦めない映画は?
                  ホラー・スプラッター全般は俺も苦手。
                  エクソシストは勇気振り絞って見たらけっこうよかったが。

                  16.今まで観た映画で一番怖かったのは?
                  忘れた。忘れるようにしてるw

                  17.人生の勉強になる映画は?
                  「ショーシャンクの空に」
                  「グリーンマイル」
                  どっちも刑務所モノだ。

                  18.好きな映画のジャンルは?
                  青春モノ、ロードムービー、あと記憶がどうにかなるモノ、タイムトリップモノが好きです。

                  19.誰にバトンを渡しますか?
                  えいっ
                  だれか受け止めてー。

                  「マルコビッチの穴」「マルホランドドライブ」「まぼろしの市街戦」なんかはどこに入れたらいいんだろ?あと「スモーク」とかもまた観たいなぁ。




                  category:バトン | by:pt-boilcomments(2)trackbacks(0) | -

                  辻人生3〜僕達はこの街じゃ〜好きなものバトン

                  2007.05.13 Sunday 01:56
                  0
                    微熱。咳。ガッタスチケット持っていたが行かず。体調がよくても行かないつもりではあった。俺にとってのソロ吉澤first appearanceはフィールドではなくステージと決めたからSSAで。

                    今見たいのは板の上の吉澤。「芸能」をする吉澤。俺は打ちのめされたのだSSAで吉澤のリアルに。あの日、俺は吉澤の根性に見とれながら、サラサラと俺の中から何かが抜け落ちて行くのを感じていた。ぐるんぐるん。波打ち際で右往左往する空き缶。口から砂が入って苦しいよ。

                    めちゃくちゃいいパンチをもらった。多分明日ももらうだろう。
                    あの登場シーンとかすげーワクワクする。

                    明日、劇場へ行く前に辻のことをもう一度書いておきたい。
                    気持ちはサインカーブ。プラス1とマイナス1の間をいくつもの山と谷をつくって規則正しく流れていく。どの時点で書き始めればいいんだ。プラス1、0、マイナス1。
                    デンジマンさんがミクシィでこう書いていた。(許可を得て転載しています)

                    12歳から、芸能界でアイドルやってて、
                    自分の思惑通りのことなんて、あったのだろうか?
                    自分から何かをしたいと伝えて、
                    その通り実現することがあったのかな?

                    モーニング娘。の卒業決まったから。
                    Wってユニット活動するから。
                    加護、休業すっから。
                    ギャルルやってもらうから。
                    加護、辞めてもらうから。
                    舞台やってもらうよ。

                    これが、自分の決断なら、
                    今回のこと、素直に喜べなかったけど、
                    「仕事」だもんね、これって。
                    でも、自分で決断したじゃない、今回は。
                    仕事捨ててまで、決断したんじゃない。
                    それが、彼女の責任の取り方だと思うことは悪いことなのかな?
                    母としての責任じゃなくてね、辻希美としての責任の取り方。


                    あぁそうか、と思った。この視点は俺にはなかった。
                    俺はここで書かれている「辻希美としての責任の取り方」ってなんかストンと腑に落ちた。

                    責任って言葉は難しい。誠実って言葉も。
                    ウソをつくのだってファンへの責任のひとつかもしれない。考え方によってはね。

                    勇気を持って放たれた言葉は人に響く。

                    俺がここ数日のあれこれを見ていて感じたのはそういうことでした。それがいわゆる「正論」であろうとなかろうと、言う人の「勇気」はにじむ。勇気なしに書かれた言葉には反発を感じた。確かなことはそれだけだった。
                    そして俺のここ2日の日記には勇気足りなかった。理性が勝ってた。

                    勇気;普通の人が不安・恐れをだいたり躊躇・恥ずかしさを感じたりするところを屈しないで、自分が正しいと思った通りやってのけようという積極的な気力。(新明解国語辞典)

                    これは、辻さんにもあてはまるし、モーヲタって存在そのものにもあてはまるじゃん。勇気っておもしれーと思った。


                    んで、吉澤を思い浮かべてみる。
                    吉澤は闘ってきた。闘いには勇気が必要だ。吉澤は元来そんなに勇気の人じゃなかったと思う。でもだんだんそうなっていって、あんなすげー卒業式をやった。辻のことも当然早い段階で全部知らされて引き受けたと思う。拒否することはできなかったにせよ、たとえ拒否できたとしてもしなかったと思う。妄想だけど俺の思う吉澤ひとみはそういう人だ。

                    そんで、すげーかっけく代役をやりとげると思う。
                    もうね、難点って言ったらきれーすぎることと、背が高いことぐらいだもん。

                    吉澤の始動を俺は楽しみにしている。
                    辻の妊娠・結婚を知る前と後でそれは全く変わらない。

                    でも一点だけ、変わった思いがある。
                    吉澤は自分を律してしまうだろう、という思いだ。

                    辻のことを知る前は、こう思っていた。
                    演劇の人たちってすげー酒とか飲むイメージあるし、吉澤も娘。卒業した解放感で積極的に飲みに行ったりして、交流深めたりして、ああーーでもそんな時間までは飲まないでぇえええええみたいなことを思ってた。
                    でも、降板の理由がそういうことだったら、吉澤は自分を律してそういうことも一切しなさそう。それは吉澤にとってもしかしたらもったいないことかもしれない。ここ複雑だよね。いろんな人と話したり、世界を広げてほしい。恋愛だってフツーにして欲しい。
                    でも。

                    うん、複雑ですw

                    遅くなりましたがおーうぇんさんからいただいた「好きなものバトン」やります!
                    バトンはすまんがここでとめちゃいまっす!

                    あなたが1番好きなもの【複数不可】



                    続きを読む >>
                    category:バトン | by:pt-boilcomments(2)trackbacks(0) | -

                    PR
                    Calender
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    << September 2017 >>
                    Selected entry
                    Category
                    Archives
                    Recent comment
                    • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
                      p
                    • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
                      ふ〜。
                    • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
                      p
                    • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
                      p
                    • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
                      デンジマン
                    • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
                      p
                    • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
                      デンジマン
                    • 旅立つ者は遠くを見つめる
                      p
                    • 旅立つ者は遠くを見つめる
                    • 旅立つ者は遠くを見つめる
                      p
                    Recommend
                    Recommend
                    Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”
                    Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance” (JUGEMレビュー »)
                    Fantastic Plastic Machine,YOU THE ROCK★,HALCALI,Shinichi Osawa,Every Little Thing,100s,CORNELIUS,くるり,Chara,椎名林檎×斎藤ネコ,東京スカパラダイスオーケストラ
                    Recommend
                    blue
                    blue (JUGEMレビュー »)
                    曽我部恵一
                    Recommend
                    Recommend
                    Link
                    Profile
                    Search
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM