スポンサーサイト

2017.04.17 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    神様のいないhEAVEN

    2008.10.13 Monday 03:17
    0
      とにかくみんなこれ見てー
      http://www.myspace.com/hangryandangry
      http://www.s-inc.com/hangry-angry/main.php
      har_iさんが教えてくれました。ありがとうございます。
      har_iさんが書いていらっしゃいますが、自分もこれ吉澤さんがおもしろがってやってそうでイイと思いましたー。

      あーーこれはすげー、やべー寝れない。
      ここの服着てライブ行きたい。てか、行く。
      明日買いに行こーっと。
      売ってくれますように。
      category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

      歌詞こんな?

      2008.10.13 Monday 08:29
      0

         ※
        let me tell you , honey,I just wanna love your hate
        神様のいないhEAVEN
        Can you hear me now? Can you feel the bound of the hell?
        願いを誰に捧ぐ

        Kill Me Kiss Me 継ぎはぎだらけのスカートはいて
        Kill Me Kiss Me 今夜はall the long  今夜は踊ろう


        僕の大好きな甘いプディングを君にあげたい
        だけどひとつしかないの
        どうしたらいい?
        ひとつしかなかった
        どうすればいい?
        悲しみ隠すように君を傷つけて おびえていたのは僕の方だった


        ※繰り返し


        高いハイヒール履いて黒いドレス着て君が踊る
        悲しいくらい僕は君が好きだった 愛してくれたら何も傷つけなかった


        No way I dream of you I don't need going home
        居場所ない孤独なhEAVEN
        Oh baby I will give you love,love your hate
        飛べない僕は嫌い


        Kill Me Kiss Me 目を閉じれば天使に会える
        Kill Me Kiss Me 今夜はall the long


        ※繰り返し


                             hANGRY&ANGRY「Kill Me Kiss Me」
        。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        違ってたらごめんねー俺難聴気味だし帰国とかじゃないからー

        (0´〜`)<だけどひとつしかないの
        ( ^▽^)<どうしたらいい?
        (0´〜`)<ひとつしかなかった

        ここのいしかーさんがキョわくて大好きですw
        なんつったって殺人鬼だからなぁ


        訳は省略ね。
        俺的にハイテンション意訳するとこんな感じ。

        俺は愛してるぜ、お前の真っ黒な憎悪ってやつをな。ハニー、そこんとこよろしく。
        お前はどこにいる?地獄の果てをぶっ壊しに行くってのかい?

        関係ねーよ、俺はお前の夢を見る。家になんか帰らないさ。
        オオ、ベイベー、俺はお前を愛してる。お前の真っ黒な憎しみってやつを愛してるのさ。


        category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(2)trackbacks(0) | -

        ショップ行ってきました

        2008.10.13 Monday 20:47
        0

          君はまずラフォーレの前に立つ。
          ラフォーレを背にしてまっすぐに立つんだ、うつむく必要はない。堂々としていろ。
          そして交差点を渡る、GAPの方に。つまり表参道に向かって歩く。
          君は街路樹のある大きな道路の左側の歩道を歩いている。
          ゆるやかな下り坂。相当の人ごみ。

          100メートル行くか行かないかのところにローソンがある。
          それが目印だ。ローソンの角で左に曲がる。細い道だ。ここここれが裏原か、と君は思う。
          この近くのはずだ、と思うと緊張する。君は全速でずんずん歩いてしまう。
          あー、こーゆー服雑誌とかに載ってそう、という服がキラキラと
          見て見て光線を出している。だがそれに惑わされてはいけない。
          その服のターゲットは君じゃない。
          目線は常に左キープ。
          泳ぎがちな目を水平からやや下に保ち歩き続けると、
          「h」という文字の彫られた膝ぐらいの高さのスクエアな石がある。
          わりと大きなビルだ。目線をあげる。ガラスの向こうに美容室が見える。
          その手前に地下に降りる階段がある。そう言えばさっきの石の横に、いかにもそれらしいカギ文字で
          書かれた黒っぽいポスターが掲出されている。この雰囲気は。さてはここだな、と君は思う。
          そして一歩踏み出す、、、、ことがなかなかできない。わざと通り過ぎて、また戻ってきたりする。

          近くで見ているといかにもな服を着た10代の女の子がすっと降りていく。
          続いて、スッと、君は行けない。
          あー、着替えて出直してこようか、と君は思う。ああいう文字の書かれたような黒っぽい服を君だって持ってないわけではない。でも、それが裏目に出るかもしれない。君は自信がない。君の服装はいつものカジュアルだ。ジーンズとか。スニーカーとか。くたっとした感じの。最近黒はあまり着ない。

          男もけっこう入っていく。ビジュアル系?
          君はよくわからないけどそう思う。髪の毛が浮いてる系。
          そいつらが出てきたら入ってみよう、と思う。
          路地に入ってみたりして時間をつぶす。

          さぁ、意を決して君は一歩を、、、、踏み出せない。
          交番の方まで歩いてしまう。
          とてもひとりで入れる気がしない。
          誰か、一緒に、、、そうだ、ゴスロリっぽい服を着てるコに声をかけて、
          「今ちょっと困ってて」と切り出し、あの店に一緒に行ってくれるように頼もう。
          「ちょうど今から行くとこだったんですよー」なんつってよろこんで来てくれるんじゃないか?
          必死の目線でそんなコを探す。え?
          てかそれナンパじゃん!君はそんなことのできる人ではない。よく考えろとゆいたいです。
          何か別の手段はないか。君は考える。外国人は!?
          外人に頼まれて原宿を案内してる日本人っていう設定は?
          それ、いい。日本のファッションに興味があって、道に迷ってる外人さんはいないか?

          君は人波を凝視する。が、案外いない。いても日本人と一緒である。
          こうなったら誰でもいい。日本人の男でも。友人の彼女のプレゼント選びにつきあってる親切なひと、という設定を君は考え付く。それだ。さぁ、日本人の男に声をかけよう。
          できない。知らない人に話しかけるなんて。
          そんなことをするぐらいならひとりで入ったほうがいい。
          それだ。
          君は意を決してさっきの店の前に戻る。だいぶ時間をロスしてしまった。
          なんだかゴスっぽくない大人の女性たちが釈然としない顔で階段を上がってくる。
          君の本能がささやく。もしかしてこの人たちは。きっとそうだ。
          君は勝手に決め付ける。そして勇気をもらう。階段を、下りる。

          降りると、空間は奥と手前のふたつに仕切られている。
          君はまず奥に入る。ふぅ。なんだフツーじゃん案外、と思う。白と黒の布地が揺れている。
          ていうか例のブランドの服がないっぽい。
          あれれ?君は当てがはずれる。
          店の人は洋服屋のひととしての定番のセリフを言う。君は適当に見ているフリをする。仕事の関係で興味がある、とか、彼女への贈り物を探してる、とかそういう脳内設定で。しかしこの店は同系列だけど別のブランドだな、と君は判断して外に出ることにする。帽子なんかはけっこうアリな気もして真剣に見たりしたが。そして去り際に店の奥、レジに目をやって君は愕然とする。

          レジの載っているカウンターの前面がアクリルで升目状に仕切られたディスプレイコーナーになっている。縦3列、横10列、合計30個の枡目にいろんな種類のhANGRYとANGRYのぬいぐるみが並んでる!結構壮観だ。君は数秒凝視する。そして去る。初めて3Dで見たH&A。

          ふう、と息をついて、さっきの手前の空間に入ってみる。
          ここにもH&Aの服はなさそうなのは雰囲気で読めていたので、さらっと確認して
          君は出ようとする。すると、なんと入り口に「ガシャポン」が!
          H&Aの「残酷グッズ」ガシャポンがあるではないか。入るときはテンパっていて気づかなかったのだ。これはやってみたい、記念に。君は財布を出す、が、残念ながら500円玉がない。

          君は小走りでローソンまで戻る。列に並んで適当に何か買って500円玉をつくる。
          それを握り締めて君は戻るが、さっきまで誰もいなかった店にビジュアル系な男たちが数人来ている。君は臆して、あとずさる。


          そもそも、君は吉ヲタであってH&Aヲタではないのだ。
          そのことにふと気づいたりして、もうガシャポンはいいや、と君は思う。
          さぁ帰ろう、と再びローソンに向かって歩き始める。
          ともかく、入ったのだ。入れないかもと思ったあの店に飛び込めたのだ。
          君の心は達成感でいっぱいである。
          が、そんな君の目に、「H」の文字が飛び込んできた。
          あれ?
          さっきは小文字「h」、今度は大文字「H」。
          君はあわてて、その看板を凝視する。
          こっちだ!
          こっちが君の探していた店だ。
          その店も地下にある。階段だ。でも君はもう怖くなかった。
          スタスタと降りていく。
          すると、H&Aの服やらぬいぐるみやらアクセサリーやらよくわからないほわほわしたもの
          があふれているではないか。


          ネットショップで見たTシャツもあって君は昔からの友人に会ったような気になる。
          安楽椅子に座ったようにグッと落ち着く。
          着るものを一着買っていこうと吟味を始める。落ち着け、落ち着け。
          前面がおとなしい色味でも背中がすごかったりして油断がならない。
          君はどうにか一着を選ぶ。レジで支払いをすませる。


          店の地図をもらう。見る。この近くにたくさん系列のショップがある。
          それで間違えてしまったのだ、と君は悟る。


          ヲタなことはバレバレかもしれない、と君は思うが、まぁいいやと思う。
          店員さんの感じがよかったからだ。引かれた感じはしなかった。
          接客業としてのプロの仕事に君は安堵する。


          そして君はちょっと仕事をするために会社に行った。
          それが君の10月の祝日だ。
          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
          まとめ

          1)H&Aブランド山盛り店は大文字「H」の方。
          ローソンのすぐ裏と言っていい。「かすう工房」という店を通り過ぎたら行きすぎ。
          ただしガシャポンは小文字「h」の店。

          2)とはいえ、ネットで買ったほうが気楽は気楽かもと思う。
          店の人は感じよかったけど、それと関係なく変な汗は絶対出るし。
          ショップってほんとにそのブランドが好きな人の集まる場所だし基本的には。速攻行ってブログに書こうっていうエゴっぽい好奇心ベースで行ったことへのちょっとした罪悪感みたいなものは自分的には少しありつつこれ書いてたりしてます。


          念のため地図
          map1

          続いて拡大MAP
          map2


          そして買い物袋。上に置いた四角い小冊子はカタログ。
          bag and catalogue

          え?どんな服買ったのかって?それは秘密さ子猫ちゃん♪(どこまでもハイテンション)

          category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(4)trackbacks(0) | -

          歌詞発掘調査

          2008.10.14 Tuesday 10:58
          0
            歌詞の想像で楽しいのは歌われてない単語を掘り出すところ。
            たとえば昨日書いた想像の歌詞の中で気に入ってるのは

            Can you hear me now? Can you feel the bound of the hell? 

            ってところ。なんでかっていうとこれ相当、勝手に想像してるんだよね。
            H&Aのおふたりは後半のとこ、「ばーんざへっ」ってしか言ってないじゃん?「ば」のとこにわずかに「ぶ」の成分があるかどうかぐらいの歌い方。

            こなれた英語風発音ゆえに溶けてる単語を想像して「オブ」なんて聞こえてない単語を一生懸命掘り出してる自分が自分でほほえましいのれす。そしてここはfeelじゃなくてseeだなほんと自分の耳ヤバイ。とか思いつつさらに別の英語考えてみた。

            Can you hear me now? Can you see the blood and hell? 

            この方がH&Aらしいっすかね。血みどろですからね。個人的にはbound of the hell、地獄の果て、ってすごい好きだけど。

            そして冒頭の
            let me tell you , honey,I just wanna love your hate

            ってとこはlove your hateはちょっと不自然な英語な気もする。意味としてはすごい好きだけど。俺エルとアールよくわからないしっていうか歌ってる人もきっとそうだからエルじゃなくてアールだとするとloveはgrabにして、さらにそこにawayを足して

            let me tell you , honey,I just wanna grab away your head

            ってしたらどうかなぁ。awayは歌われるときは溶けてて。
            頭を取り去りたいって感じ。ブランドサイトの首ちょんぱ感が出るのかなと。
            hateよりもheadの方がhellと韻を踏むことになってるような気もするし。

            なんてこと一日中考えていたい。

            category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

            クエスチョンマークの発見

            2008.10.15 Wednesday 02:43
            0

              現場100回というのは捜査の基本だが、鬼リピしてると見えてくるものがある。
              Can you hear me now? Can you see the blood and hell?
              は、そうとしか聞こえなくなってきた。
              一方 grab away your headは、聴いてるとawayはないわーと思った。
              やっぱ
              let me tell you , honey,I just wanna love your hates
              かなぁ、hateにs付け足したらどうだろうとか。


              つかそんなことよりも私はすげーことを発見したかもなのです。
              英語部分でなく、日本語の歌詞に埋もれていたひとつの文字!
              それは!?


              「飛べない僕は嫌い」


              ここです。
              自分で自分のことを嫌いと普通に言っていると思っていたが、
              そうではなくて、

              「飛べない僕は嫌い?」

              という問いかけの文なんじゃないか、とふと思った。
              埋もれていたのはクエスチョンマーク。

              ここ疑問文なのはむしろ自然なんだよね。
              1番の歌詞では「願いを誰に捧ぐ」。
              内容的には「誰に」っていう疑問文。フツーにクエスチョンマークつけてもいいぐらい。


              「飛べない僕は嫌い?」
              これはハングリさんからアングリさんへの問いかけ。
              その直後にKill Me Kiss Me。

              「飛べない僕は嫌い?だったら殺して。それかキスして。どっちも同じことだけど」

              ドMな感じがぐっと高まりませんかこれ。

              自分のできっこないことを勝手に好な人に尋ねて勝手に自爆する自意識過剰系Mって感じでハングリーさんったらもう見ちゃいられませんw

              わかってる、ほんとに見ちゃいられないのは鬼リピ菌が侵入して頭が甘く煮立ってる俺だ。
              首ごと冷蔵庫に入れたらH&Aさん大好物の脳みそプリンの出来上がり。
              ひとつしかない。
              でもよろこんで差し出すよ。
              血みどろのケンカして食い散らかしてくれ。

              category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(4)trackbacks(0) | -

              ユニットの略称どうなってたんだっけ

              2008.10.16 Thursday 03:06
              0

                (きょうまでの俺まとめ) 
                1) let me tell you,honey,I just wanna love your hates
                2) Can you hear me now? Can you see the blood and hell?
                3) No way I dream of you I don't need going home
                4) Oh baby I will give you love,grab your head

                3)がなぁ。
                なんかズンドコしてるんだよなぁw
                Nowhere I don't leave you・・・とか?なんにせよneedの「ど」がズンドコ感を出している。釈然としない。ぜんぜん違うのかな。glory homeとか。そんな英語あるのか。


                英語のことはさておき、このユニットの略称って?


                1)  H&A(エッチアンドエー)?
                ちょっと書きにくいし言うのも長い。


                2)  ハンアン?
                いいような気もするが案外言いにくい。ネーミングとしては撥音か濁音があったほうが印象強い。


                3)  グリアン?
                一瞬いいかもと思ったけど、アングリーのことだけを指してるように見える可能性が。
                六本木→ギロッポンみたいに、ひとつの単語内の順序を逆にしたように見えるのが残念。


                4)  HA(エッチエー)?
                なくはないけどストレートすぎる。面白みがもっと欲しい。


                というところで俺が思いついたのは

                5)  ハグアン

                言いやすくて、濁音があるから音としてひっかかりもあるけど、固すぎない。
                ハグっていう生温かい言葉が入っててやわらかい印象もある。
                バリエーションで遊びやすいのもいいかなと。
                はぐっちぃ。
                ハグヲタ、アンヲタ。
                ハグさん、アンさん。
                ハグハグさん、アンアンさん。

                書いててふと自分が哀しくなってきましたが続けます。

                二推しは

                6)  ングリー

                ふたりに共通の音を切り取ってみました。実際に口に出して言ってみたくなる妙な魅力があるかと。
                そんで「また調子に乗ってるよ、ングリーヲタが」とか言われたりする。

                これもまた誰かがどっかでとっくに思いついてたらごめんなさいです、はい。

                あ、それからプロフィール欄に次の一行を足しました。

                「p」または「pANGRY」と名乗ることがある。

                category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

                ユニットの略称その2

                2008.10.16 Thursday 09:05
                0

                  寝て起きたらもっと思いついた。

                  7)  グリグリ
                  意外といいかも。言いやすいかも。「グリヲタ」って呼ばれるの俺はイヤじゃないな。

                  8)  ハーグリ
                  それぞれの頭文字「ハ」と「ア」を共通の「グリ」でまとめた略称。何かに似てる、としばし考えた。パーフリだったorz

                  9)  HAAN(ハーン)
                  よっちぃハァ(ry
                  を意識しているように見えるがHAングリーとANグリーの頭2文字を等しくつなげた正統派。

                  10) HAN(ハン)
                  HAとANのAを重ねて短くつなげた、こちらも正統派。ハンヲタ、かぁ。個人的にはグリヲタのが好きかな。

                  11)  グリ
                  いっそ短く力強く。今日からあなたも「グリの新作ってさー」みたいにさりげない会話を楽しめちゃうかも!

                  ha162

                  「・・・・・・・・・・・・・・・。」

                  そんな潤んだひとみで俺を見ないでくれ。
                  何が言いたいの?
                  え?
                  うんうん。わかったわかった。気づかなくてごめんね。

                  俺の中のハングリーさんが朝ごはんを所望されているのでここまで。

                  (昼下がり追記)

                  12) アンハー
                  語尾あがる。 「きょうは待ちに待ったアンハーちゃんたちのライブ!」みたいな。

                  category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

                  精神的ハングリーとHと中2

                  2008.10.17 Friday 01:16
                  0

                    冷静になってみるとなぜ略称にあんなにアツくなってしまったのか。
                    自分でもまったくわからない。
                    「ハ」と「ア」と「グリ」の順列組み合わせでしかないではないか。


                    そして身体と脳はしびれるほど疲れているのにまだ眠りたくない。
                    起きて界隈をさまよっていたい。なんだろうこの気持ちは。何かを求めて虚空に手を伸ばす、この気持ちは。


                    ・・・・空腹。


                    一秒も休むことなくハングリーアングリーと呪文を唱えていたから、
                    私の心はハングリー色に染まってしまったのだ。何かが欲しくてたまらない。
                    精神的ハングリー。ハングリー精神と似てますが多分ぜんぜん違う。


                    ねぇ、アングリー、この精神的空腹感をどうしたらいい?苦しくてたまらないんだ。
                    「そんなに苦しいんなら首んとこで切ってあげる、もう何も食べなくていいように」
                    ぐえー。う、うれしいー。


                    まったくどうも深夜です。
                    以下、小ネタ的メモ。


                    ◎「h」あるいは「H」の読み方
                    ショップの人は「エイチ」って言ってました。「カレシ」の読み方で。


                    ◎歌詞に関する新たな思いつき
                    中2目線で考えると、日本語に英語が隠れているってこともあるのでは?
                    たとえば、


                    今夜は踊ろう→今夜はodd raw


                    ここの歌い方ちょっと濃いような気がして。
                    日本語だと思ったら英語だった!みたいなこともまた中2臭くていいんじゃね?と思った。
                    矛盾点としては、odd も raw も中2の単語ではないということ。
                    HAの英語は基本中2ボキャブラリーだと思うからこれはないんけど、
                    そんなこと考えながら聴くと楽しくない?と思ったので書いてみました。
                    (あ、俺略称HAにしてる!)

                    category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

                    日本語と英語の間で

                    2008.10.17 Friday 11:07
                    0
                      もしもHAの日本語の歌詞に中2的英語が隠れてたらシリーズ!

                      だけどひとつしかないの
                      どうしたらeat?
                      ひとつしかなかった
                      どうすればeat?

                      すいませんすいませんw
                      HAには逆にもう安心してエエーって言えるヨロコビがあるから、なんかすごいズッコケる状況を妄想するのも楽しいってことで。
                      category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(0)trackbacks(0) | -

                      戦略と戦術:ブランドマネジメントの視点から

                      2008.10.18 Saturday 17:03
                      0

                        俺、このユニットで歌番組とか全然出て欲しくないんだよね。
                        PVがあれば十分。
                        生の露出はH&Aブランドショップのオープニングイベント(もしあるとして)ぐらいでいいと思ってる。
                        ミニアルバムが最初で最後のCDで全然いい。俺最初からそのつもりだったし、それでもじゅうぶん楽しい。少数派かな?


                        ヲタ(自分含む)が勘違いして、その結果、事務所まで勘違いして大きく展開して行こうとか迷走していくのが怖いなーと思ってる。

                        このプロジェクトがいいのはさぁ、ちゃんと「戦略」があるから。
                        それを忘れて、表面の要素である「いしよしが受けた」「ゴスロリとかパンクが受けた」
                        「カップリングが受けた」みたいなことだけが事務所のヒトの頭に残ってしまうのが怖い。
                        それ違うからーと言いたい。大事なのは戦略だよー表面のことじゃなくてーと言いたい。

                        今回のユニットはH&Aブランドのブランド育成戦略のひとつだ。それ以上でも以下でもない。
                        UFAは石川と吉澤とガガーなんちゃらを使ってそれに協力したに過ぎない。(もちろんビジネスとして)

                        これすごいブランド論として語れるケースだと思った。
                        同じ石川と吉澤というヒトを素材とした、ブランド育成の失敗例と成功例を俺らは見ている。

                        ガッタスとH&A。

                        ガッタスブリリャンチスH.P(フットサルチーム)→ 音楽ガッタス(音楽ユニット)
                        HANGRY&ANGRY(キャラクターブランド)→ hANGRY&ANGRY(音楽ユニット)

                        ガッタスは、ブランドを育てるにあたり、資産を一部切り離し他の要素を足して拡大を図るが、結果、資産は薄まってしまった。
                        H&Aは、ブランドを育てるにあたり、ブランド資産に他者を取り込み、立体化して見せることに成功しつつある。他者を取り込むことで得たビジネスのノウハウは今後さまざまな場面で役立つだろう。

                        この差。

                        俺、なんでH&Aプロジェクトがこんなに楽しいんだろうって考えてみた。

                        吉澤の新しい仕事だから?石川と一緒だから?つんく以外の手による楽曲だから?

                        確かにそれはそうだ。でもそれは表面的なこと。それだけでは「楽しい」とは感じない。
                        人が何かを楽しいと感じるには「安心している」ことが必要だと思う。
                        人は不安な状態でいると、どんなにおもしろいことが目の前で起こっても楽しめない。
                        不安とはわからないということである。人はわからないと不安になる。

                        たとえば「Come Together」のいしよしキスと比べてみるとわかりやすいと思う。
                        あのPVのいしよしキスよりもこのプロジェクト(くちびる接近画像含む)の方を楽しいと感じている人が多いのは、このプロジェクトはわかりやすくて不安が少ないからだ。

                        Come Togetherのキスには「いいけど、、、、なんで?」という疑問が残った。
                        カップリングを売りにしていくわけ?音楽ガッタスはいしよしってことでいくわけ?という安心できない気持ち。

                        「なぜ私はこのプロジェクトを楽しいと感じているのか?」という問いは、
                        「なぜ私はこのプロジェクトに安心しているのか?」と言い換えることができる。

                        理由は明白。
                        そこには戦略があるからだ。

                        H&Aブランドの育成と販売促進っていう明白な目的。

                        その戦略がわかっているから俺は安心して楽しんでる。
                        そして、ファッションブランドの育成と販促っていう戦略があるからこそ、以下の具体的な戦術レベルの安心も得られる。

                        1)ファッションやメイクへの安心感(→カッコいい!)
                        ブランドのプライドをかけて「ダサい」と言われないようなものにしてくれるだろう。

                        2)CDの位置づけへの安心感(→バカ売れしなくてもいい!)
                        ファッションブランドにとってミニアルバムはグッズのひとつのような位置づけ。
                        大事なのはメジャーでリリースすることよりも「予約殺到」「売り切れ」などの人気があるんだね的空気や評判を醸すこと。何枚売れて何位という競争と距離を置ける安心感がある。

                        3)期間限定への安心感(→すぐ終わってもそれは失敗じゃない!)
                        H&Aブランドのロイヤルユーザーへの配慮。
                        期間限定のイベント性をもたせることでユニットへの受容性を高めている。

                        そんなわけで。
                        言いたかったのは、戦略があるから、このユニットは安心して楽しめるってことです。
                        あれ?書いてみると当たり前だな。読んでる人当たり前すぎてポカーンかなすまん。

                        ていうか、もっとホントに言いたかったのは、
                        今回ウケたからって今後も「いしよし」を戦略も目的もなしにテキトーに仕事で使うのはナシな、
                        わかってたらごめんだけど頼みますよ事務所さんってことかも。
                        つまり冒頭に戻る。
                        ヲタ(自分含む)が勘違いして、その結果、事務所まで勘違いして大きく展開して行こうとか迷走していくのが怖いなーと思ってる。

                        category:HANGRY&ANGRY | by:pt-boilcomments(2)trackbacks(0) | -

                        PR
                        Calender
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << July 2017 >>
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
                          p
                        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
                          ふ〜。
                        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
                          p
                        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
                          p
                        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
                          デンジマン
                        • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
                          p
                        • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
                          デンジマン
                        • 旅立つ者は遠くを見つめる
                          p
                        • 旅立つ者は遠くを見つめる
                        • 旅立つ者は遠くを見つめる
                          p
                        Recommend
                        Recommend
                        Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”
                        Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance” (JUGEMレビュー »)
                        Fantastic Plastic Machine,YOU THE ROCK★,HALCALI,Shinichi Osawa,Every Little Thing,100s,CORNELIUS,くるり,Chara,椎名林檎×斎藤ネコ,東京スカパラダイスオーケストラ
                        Recommend
                        blue
                        blue (JUGEMレビュー »)
                        曽我部恵一
                        Recommend
                        Recommend
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM