ティムの言葉を言い換えてみた

2010.04.07 Wednesday 23:51
0

    「多くの人はファンタジーと現実世界を分けて考えてる。でも、僕は違うんだ。現実の問題に直面した時、空想の世界が解決してくれることってあるよね?この映画ではファンタジーが僕らの身近な生活の中にあるということを伝えたかったんだ」
    By ティム・バートンin デジスタティーンズ

    ああ、吉澤。
    ティムがこれしゃべってたとき、キミはどんな顔してたんだろ?
    これさ、つまりティムが言ってたことだけどさ、自分のことだって気づいてた?

    「ファンタジー」「空想の世界」を「吉澤を想うこと」に置き換えてみれば一目瞭然さ。

    「多くの人は吉澤を想うことと現実世界を分けて考えてる。でも、僕は違うんだ。現実の問題に直面した時、吉澤を想うことが解決してくれることってあるよね?この映画では吉澤を想うことが僕らの身近な生活の中にあるということを伝えたかったんだ」

    あるいは、こういう言い換えも。

    「多くの人は娘。小説と現実世界を分けて考えてる。でも、僕は違うんだ。現実の問題に直面した時、娘。小説が解決してくれることってあるよね?この映画では娘。小説が僕らの身近な生活の中にあるということを伝えたかったんだ」

    別の言い方で言うと、

    「多くの人はヲタ活動と現実世界を分けて考えてる。でも、僕は違うんだ。現実の問題に直面した時、ヲタ活動が解決してくれることってあるよね?この映画ではヲタ活動が僕らの身近な生活の中にあるということを伝えたかったんだ」

    キミを想うことのすべてがファンタジー。

    吉澤、ティム・バートンの映画好きかなぁ。
    ティム・バートンはヲタで繊細でバカでジェントルで一生懸命な男をカッコ切なく描かせたら世界一なんだよ。とりあえず「シザーハンズ」と「エド・ウッド」どっちから観る?と両手にDVD持って上から目線で吉澤に尋ねたい。ソファに並んで座っちゃってさー。ワインとか出しちゃってさー。

    夢と現実のあわいにこんなにも広大な冒険の地平が広がってるって見せてくれるから俺はティム・バートンの映画が好き。彼の描く、偏った情熱に満ちた男の弱さと強さにはいつも泣く。でも、吉澤は、そーゆーことじゃなくて、シンプルに、物語として「おもしろい」とか「バカみたい」とか思うような気がする。そーゆーふーに素直に楽しめる映画なのも確かだから、全然いーの。そしてそーゆーふーに見方が違うことに俺はなぜか安心するんだ。俺がどんなに吉澤を好きか、その面積の広大さを見透かされずに済んだような気持ちでホッとするんだと思う。や、もし一緒にDVD観たらの話、ファンタジー。

    話は飛ぶが、こーゆー番組を見ていて思うのは、人間には2種類いるということだ。
    吉澤ひとみに質問する側の人間と、吉澤ひとみに質問される側の人間。

    ヲタは基本、前者だ。話す機会があったとしても。
    隣に座ってるからうらやましいんじゃない。
    吉澤に質問されてるからうらやましいんだぜ、ティム!

    火曜ラジオ水曜テレビ。仕事が手に付かないので個人的に火水の週休二日制になりたくてたまりません。

    しかしあの番組の投稿作品は、どれもこれもおもしろいなぁ。
    吉澤出なくても観るかも。
    という番組に吉澤が出てることがものすごくうれしいです。

    スポンサーサイト

    2018.04.29 Sunday 23:51
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
        ふ〜。
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        デンジマン
      • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
        p
      • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
        デンジマン
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
        p
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
        p
      Recommend
      Recommend
      Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”
      Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance” (JUGEMレビュー »)
      Fantastic Plastic Machine,YOU THE ROCK★,HALCALI,Shinichi Osawa,Every Little Thing,100s,CORNELIUS,くるり,Chara,椎名林檎×斎藤ネコ,東京スカパラダイスオーケストラ
      Recommend
      blue
      blue (JUGEMレビュー »)
      曽我部恵一
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM