吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜

2013.11.25 Monday 01:35
0
    このレポは黒歴史!祈り!光!続きをもっと書かして!
    このレポは黒歴史!痛い!ヒドイ!続きをもっと書かして!

    この絵は黒歴史

    2013年11月24日、奇跡が起こって吉澤のディナーショーに行った。
    あまりに吉澤がきれいでかわいくて打ちのめされたので、帰宅してすぐに色鉛筆で記憶を絵にした。

    手術中に停電に見舞われたブラックジャックが患部の形状を記憶したように、俺は吉澤の線と言う線(ベレーの編みこみや服のしわまで!)を記憶したつもりだがこのありさまである。特に再現したくてできなかったのは、横顔のラインとマイクをもつ指の美しさ。これらは世界遺産に登録すべきであろう。あと、耳ね!耳のかたち!まったく再現できない。俺はブラックジャックになれない。そんなことはわかっていたけれど。
     
     
    ライブには全編によしざーのやさしさがあふれていた。
    「もうすぐクリスマス」っていうコンセプトもそうだ。
    この中途半端な時期に、ひとつ、色をつけてあげようという気遣い。ウィンターDSとかっていうタイトルだっていいのに、工夫してくれた。髪も、「ほら、かわいくしとくぜ!グインっとな!」っていう大きな巻き方。うはー。耳の横にひと束出して流しておくのとかさー、もうさー、もうデートの約束とかして待ち合わせでこんなコが立ってたら心臓止まるっしょ。
     
    赤い帽子に白いニット?なんかぼこぼこニュアンスのある生地。赤い太いベルトで同じく赤いブーツ。後ろが少し切れてるっていうか開いてるっていうか。そしてスカートは黒い網戸でした。正確に言うと、網戸みたいな生地に網戸じゃない黒い布がテープ状についてるの。うはー、中が気になる!網戸仕様!宇宙だよね。宇宙の神秘がそこにあるよね。
     
    やばい、衣装の説明で力尽きた。また後日、続きをもっと書かして。
     
    でもひとつだけ、吉澤のサービス精神について書くなら、I WISHの時の、あの目線。ステージの端まで来て歌ってくれた時のあの目線。「あー吉澤は、今、歩いてるな、客席の間を」と思った。降臨するのが物理的に難しい箱だったからできないだけで、この曲でそっちに行きたい、行くつもりだったんだよ、みんなの近くに、という吉澤の気持ちが伝わってきた。そういうことは言わなかったけど。そういうふうに俺は感じた。
     
    後輩グループのライブで、客席降臨の場面を今年は何回か見た。
    なんだろ、今年はそういう、客席降臨がしっくり来る空気がハロ系全般にある気がする。
    なんなんだろうね。感謝と信頼の新しい段階に来てるのかな。ハロと他のアイドルたちとの違いってそういう立ち位置感覚なのかもな。
     
    それと、MCで、「クリスマスカード売り場とかで、カップルがこれがいいんじゃない?とか言いながら選んでるの見るといいなぁと思う」みたいなことを言ってくれたこと。彼氏なんていないっすよアピールをさりげなくしようとしたんだと思う。律儀な人だなと思う。ほんとにいてもいなくても、どっちでもいいんだよ。むしろ、彼氏いてもいいと思う。てか、いてくれ、とすら思う。そして、なんにせよ、そんなこと俺らに説明しようとしてくれなくてもいいのにさ、でも、吉澤はそういうふうに説明してくれる。間接的なやり方で。
     
    直接的なコミュニケーションと間接的なコミュニケーション。
     
    これもまた、信頼の問題だよね。
    なんてそれっぽい文章でしめくくろっと。

    追伸・あとね、あとね、4469、やめたわけじゃないっていうことがわかったよ。
    ギターのリーさんの短パンは次の4469でって言ってた。もうライブハウスやらなくなるのかなと少し不安だったから安心した。





     

    スポンサーサイト

    2017.04.17 Monday 01:35
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment
      ご無沙汰しております。
      今回は参加をしませんでした。
      出来なかったのではなく、なんかいや、まあ、、、
      しなかったことを少し後悔しております。
      このブログを見て。。。
      いや、そのよしざーさんの横顔を見て。
      バスト部分が腕で隠れているのは、
      意味があるのか?
      たまたまそういう構図になったのか、
      pさんなりの何かしらの想いが入っているのか、
      どうでもいいような、
      いやしかし、そこは重要なポイントだろ?
      ってなことを考えながら今宵は眠りにつこうかと思います
      • デンジマン
      • 2013/11/30 5:23 AM
      さすがデンジマンさん、鋭いです。確かにそこは重要なポイントです。

      バスト部分は、ほんとうは見えていました。
      美しい稜線が。腕の上に。
      が、構図というかデッサンが狂ったためにたまたま腕と重なるという北半球ではもう今世紀中は見られないとされる皆既吉澤が起こったのです。
      顔の大きさ、腕の太さ、手のひらの大きさ・・・すべてのバランスが同時に狂ったがゆえの不思議な現象です。

      そしてそのことにほっとしたのも事実です!
      • p
      • 2013/12/01 9:35 PM
      (一部修正)さすがデンジマンさん、鋭いです。確かにそこは重要なポイントです。

      バスト部分は、ほんとうは見えていました。
      美しい稜線が。腕の上に。
      が、構図というかデッサンが狂ったためにたまたま腕と重なるという北半球ではもう今世紀中は見られないとされる皆既よっぱいが発生したのです。
      顔の大きさ、腕の太さ、手のひらの大きさ・・・すべてのバランスが同時に狂ったがゆえの不思議な現象です。

      そしてそのことにほっとしたのも事実です!
      • p
      • 2013/12/03 12:04 AM








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
        ふ〜。
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        デンジマン
      • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
        p
      • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
        デンジマン
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
        p
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
        p
      Recommend
      Recommend
      Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”
      Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance” (JUGEMレビュー »)
      Fantastic Plastic Machine,YOU THE ROCK★,HALCALI,Shinichi Osawa,Every Little Thing,100s,CORNELIUS,くるり,Chara,椎名林檎×斎藤ネコ,東京スカパラダイスオーケストラ
      Recommend
      blue
      blue (JUGEMレビュー »)
      曽我部恵一
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM