ガッタス、ラストマッチ(仮)に行ってきた(その1)

2015.03.17 Tuesday 22:56
0
    16時スタート、18時終了のはずだった。
    理由はわからないが大幅に押して開始時刻は17時30分だった。そして、予選、決勝、16試合、すべてのゲームが終わって、閉会式が終わって、ガッタスメンバーの挨拶が終わって、さて帰るかという時、時刻は21時20分を過ぎていた。ガッタスメンはクラブハウスの2階へ。手を振りながら。地上では「照明消しますよー!」という声が響く。足の指先の感覚がなくなり始めるほど寒かった。

    ガッタスは活動を休止した。

    11年前、最初のホイッスルが鳴った時、ファンが見ていたのは吉澤であり、石川であり、藤本であり、里田であり、辻であり、紺野であり、後藤だった。そして昨日、最後のホイッスルが吹かれた時、サポーターが見ていたのは是ちゃんだった。グリーンのユニフォームを着た背番号7がライン際を駆け上がる。ここで折り返せばクロスになる、そんな深い位置までボールを追い、スライディングしながらボールを……その時、試合終了の長い笛が鳴った。

    グリーンのユニフォーム?オレンジじゃなくて?

    それには理由がある。
    ガッタス最後の試合、第7回 高橋陽一 Presentsチャリティーフットサル大会 〜がんばろう日本!〜」、第3位決定戦。南葛シューターズとの闘い。1点ビハインド。あと1点。あと1点、どうしても欲しい。
    後半残り3分、ガッタスはゴレイロの矢口をさげ、永井を投入。そして是永にゴレイロ仕様のユニフォームを着せた。グリーンの背番号7.是永はゴレイロだが、隙あらばガンガン前に行く。ゴレイロ含めて全員でシュートを狙う、いわゆるパワープレイ。当然、自陣ゴールはガラ空きになる。カウンターに必死に戻る是永。ピンチをなんとかしのぐ。そして、最後の最後に、ボールを追って駆け上がる是永をみんなが息をのんで見ていた。

    なんかね、駆け上がる是永見てたら、あぁ、このプレーで終わるんだなってなぜかわかって、ぎゅっと切なくなった。終わることに抵抗する者の爆走。ピ、ピ、ピーーーって笛。長く延びる音が、「ああああああああああ」っていう声にならない自分の悲鳴みたいだった。
    仮に、内側にボールを出せても。
    南葛だらけの敵陣では、ボールは簡単にカットされていただろう。
    ボールを追いかけながら、是ちゃんはどんな気持ちだっただろう。

    最後の試合が南葛さんでほんとによかった。
    それを書くために俺は今PCの前にいる。
    最後の試合が、一般チームとの対戦になる可能性もあったんだ。
    この大会は、ガッタス主催のガッタスのための大会じゃないから。
    高橋陽一先生主催のチャリティ大会に参加してるだけだから、ガッタスは。
    全8チーム参加。それを4チームずつ2つの予選リーグにわけた。
    予選Aリーグは、いわゆる芸能事務所チームのガッタス、南葛、OMIASHI(オミアシ)の3チームと非芸能一般チームT。予選リーグBは4チームとも非芸能一般チームだ。予選リーグでは総当たりで試合をおこなう。そして、Aの上位2チームとBの上位2チーム、合計4チームが決勝トーナメントに進出。Aの1位×Bの2位、Aの2位×Bの1位。これが準決勝。その勝者同士で決勝。敗者同士で3位決定戦。という仕組み。


    一般チームは控えの人数も多いし、鍛えてる感じ。。。選手のあたりも強くて、ベンチからの声もズバズバ系だ。一般チームとの対戦がいやなわけじゃないけど、やっぱり、最後は、南葛さんと、で終わりたいじゃん?試合終わって、握手するのも、南葛さんとであってほしいじゃん?そうじゃない可能性があるなかで、ギリギリの出来事があって、最後の試合の対戦相手は南葛になった。ほんっとにギリギリ、数十センチの出来事。天気もそう、7日も雨ふりそうでギリギリふらなかったし。15日も寒くて死にそうだったけど、雨にはならなかった。

    ◎最後の試合は南葛との対戦で、0−1でガッタスは負けました。
    ◎大会全体を通じて吉澤は3ゴールあげました。
    ◎吉澤は泣きませんでした。


    まとめるとこの3行だ。

    どうして最後の対戦相手が南葛になったのか。それがいかに奇跡であったか。
    それを書きたい。

    (つづく・・・?)

    ※ものすっごい久し振りにログインしたのですが、3月の検索キーワードに以前書いた二次小説のタイトルがあってびっくりしました。ありがとう。ほんとうに。

     

     

    スポンサーサイト

    2017.04.17 Monday 22:56
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
        ふ〜。
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        p
      • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
        デンジマン
      • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
        p
      • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
        デンジマン
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
        p
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
      • 旅立つ者は遠くを見つめる
        p
      Recommend
      Recommend
      Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”
      Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance” (JUGEMレビュー »)
      Fantastic Plastic Machine,YOU THE ROCK★,HALCALI,Shinichi Osawa,Every Little Thing,100s,CORNELIUS,くるり,Chara,椎名林檎×斎藤ネコ,東京スカパラダイスオーケストラ
      Recommend
      blue
      blue (JUGEMレビュー »)
      曽我部恵一
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM