スポンサーサイト

2017.04.17 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    「闘」から「歩」へ

    2015.09.23 Wednesday 01:40
    0
      吉澤ひとみカジュアルディナーショー2015〜秋虹〜に行ってきた。
      婚約を発表してから、初のソロライブ。
      や、発表することがわかっていたから、急遽組まれたライブ。ファンと近い距離で、語りかけることのできる場。
       
      席に着くと、いつもは、右と左にナイフとフォーク、そして中央にメニューの紙が置かれている。でも今日は違った。メニューの上に、この紙が置かれていた。すぐに、吉澤の手書きをコピーしたものだとわかった。
      書いているとブログで言っていた、歌詞だということも。


       Youre my treasure

       
      You're my treasure 〜私の宝物〜

      どれだけの時間を過ごしてきただろう
      どれだけの青春を共にしただろう
      ずっと温かく見守ってくれて
      ずっと支えてくれてた 当たり前にいるね
      瞳を閉じれば 浮かんでくる笑顔達
      あなたに届けたいのは 心からのありがとう。
      今日も明日も来年も 一緒に笑っていたいね
      ずっとずっと笑顔でいられますように そう祈ってる
      同じように歳を重ねて
      喜びも悲しみも全部抱きしめて
      同じ歩幅で行く

      人はみんな1人では歩けないから
      あなたが何よりの支えになってくれてたね
      今日も明日も来年も 一緒に笑っていたいね
      ずっとずっと笑顔でいられますように そう祈ってる
      あなたの笑顔と優しさが私の心ふちどってく
      このメロディにのせて伝えたい言葉 ありがとうね
      これからもずっと一緒にいれたらな
      あなたへのメッセージ 今こうして届けるよ
      私の宝物。



      もうね、これ読んだら涙出そうになった。
      まわりに誰もいなかったら泣いてたと思う。
       
      これ、ヲタのことじゃん。俺らのこと、宝物って。
      俺らのことなんて、気にしてくれなくていいのに。
      えーん、なんて優しいんだぁああああああああああああああああ・・・・・
       
       
      時間どおりに開始。
      一曲目、悲しみトワイライト。
      イントロの「ヲイヲイ」いうところ、「よしざわ〜ひとみがすーきだー、俺、よーしざーわがーすーきなーんだー」と心の中で歌うのが俺のルール。
       
      二曲目、瞳に映る道
      2013年のソロライブで披露された、よしざー作詞、たくい作曲の曲だ。
      http://pt-boil.jugem.jp/?eid=494
       
      ここでなんか悟ったの俺。
      机の上の歌詞と比べて、この2曲の色は全然違う。
       
      「悲しみトワイライト」は卒業のラストシングル。
      「瞳に映る道」はソロで、いろいろ模索してた時の曲。
      どっちも、吉澤が闘ってた時の曲。
       
      卒コンの時の言葉。
       
      今、めっちゃ幸せです。ほんとに幸せ。でもこんな幸せに出会えたのは、7年間自分自身と闘い続け、走り続けてきたから出会えるんだなと思います。
       
      https://twitter.com/yossy_bot/status/644757025386201090?lang=ja
       
       
      2003年の「モーム素部屋」なんて古いものを持ち出すのもアレだけど、吉澤のキーワードは、ずっと、「闘」だった。でも、それが変わったんだな、と、机の上の歌詞を見た後で、この2曲を聴き終わった時に、スーッと悟った。
       
       
      この歌詞の一番の最後のフレーズ「同じ歩幅で歩く」。
      二番の最初のことば「人はみんな1人では歩けないから」。
       
      同じ歩幅、なんていう言葉が吉澤から出てきたこと。
      1人では闘えない、ではなくて、歩けない、と書いたこと。
       
      「闘い続け」でも「走り続け」でもなく、「歩く」という感覚で、吉澤は、いま、生きている。
      同じ歩幅。それは調和。闘いではなく。
      その変化が胸に迫ってきた。伴侶を得るというのはそういうことなのか、と。
       
      俺は闘ってる吉澤が好きだったな、とか。
      でもそれは、ずっともがいていてほしいってことなのかな、だったらヒドイよな、ヲタの勝手だよな、とか。
      いや、そうじゃない、闘ってるよしざーがかっこいいと思ってただけで、ずっとそうでいてほしいってわけじゃない。天然なとこも大好きじゃん。楽しそうで幸せなよしざーを見てるのがヲタとして幸せなのは当然じゃん、とか。
       
      人は闘わずに済めばその方が幸せなのか、そもそも「闘い」とは何か、向上心とは何か、と哲学的な問いが頭を去来する。
       
      セットリストは、こちら。
      http://d.hatena.ne.jp/maz9900/20150922
       
       
      MCでは、「私はこのまま変わらないよ」「ずっとここにいるよ」「またこういうふうにみんなに会いたい」ということを言っていた。
      「ファンのみんなが、おめでとうと言ってくれて本当にうれしい」と。
      「昼のとき、『結婚してください』って言うので断ってください、それであきらめがつきますっていう人がいたり」とか。(そのヲタ、かっこいいな)
       
       
      「正直、どうかなぁと思ってたんだけど」とファンの反応を気にする吉澤。でも、「不安だった」とは言わなかったんだよね。不安っていう言葉はヲタに対して使わずにいてくれて、それが地味にうれしかった。
       
      「ひとみって呼ばれてますよ!!」とか「え?相手?名前で呼んでますけど!!名前?言えません!!!」みたいなノロケもけっこうあったけど、もうどんどんノロケちゃってくれーという感じで、にこにこしてるよしざーを見てた。
       
      「その出逢いのために」のイントロが始まる。
      ヲタ発のサプライズ・サイリウム企画が発動。
      歌いながら、びっくりして、ウルッとくる吉澤。
       
      ベベ恋のお花畑をイメージしたという色とりどりのサイリウム。
      赤、ピンク、黄色、緑、オレンジ。
      その出逢いのために、と I wishの2曲が終わると、「みんな、そういうの、よく、やるよね」と涙こらえつつ、うれしそうな吉澤。
       
      「モーニング娘。に入ったから、こういうふうにみなさんに応援してもらって、ありがたいなと思います。OGもみんながんばってるし、ワンファイブももちろんがんばってるし・・・・」と、娘。のことにふれる。
       
      なんかね、いろんな色のサイリウムの海を見たら、自分が今まで、モーニング娘。として、アイドルとして、15年、たくさんのファンの前でがんばってきたことを、一瞬、ぶわーっと思い出したんじゃないかなと思う。
      「がんばってたな、あたし」みたいな気持ちになったんじゃないかなと。改めて。
      そんな吉澤の気持ちを勝手に想像して、また勝手にこっちが泣けてくるっていう。
       
       
      そして、最後に「上を向いて歩こう」
      イントロがWham!そのまんま。「え?最後になんでWham!なんだろ?」と思ったら、そのイントロからの「上を向いて歩こう」だった。
      (参考)Wham!「Wake me up before you go-go」
      https://www.youtube.com/watch?v=pIgZ7gMze7A
       
       
      そう、ここでも「歩こう」なんだよね。最後の曲でも。
       
      「闘」から「歩」へ。
       
      「闘い」は世界との違和感が基本。「歩く」は世界との調和が基本。
       いま、世界と彼女は分断されてない。
       
      吉澤ひとみの世界は変わったんだ。



       

      スポンサーサイト

      2017.04.17 Monday 01:40
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
          p
        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2014 〜Twenty nineth〜
          ふ〜。
        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
          p
        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
          p
        • 吉澤ひとみ カジュアルディナーショー2013 レポート〜痛いイラストとともに〜
          デンジマン
        • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
          p
        • どりむす。武道館1 後藤と吉澤妄想
          デンジマン
        • 旅立つ者は遠くを見つめる
          p
        • 旅立つ者は遠くを見つめる
        • 旅立つ者は遠くを見つめる
          p
        Recommend
        Recommend
        Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”
        Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance” (JUGEMレビュー »)
        Fantastic Plastic Machine,YOU THE ROCK★,HALCALI,Shinichi Osawa,Every Little Thing,100s,CORNELIUS,くるり,Chara,椎名林檎×斎藤ネコ,東京スカパラダイスオーケストラ
        Recommend
        blue
        blue (JUGEMレビュー »)
        曽我部恵一
        Recommend
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM